クレジットカードの現金化の換金率についてとクレジットカードの現金化をするのはリスクがあるの?

クレジットカード現金化の換金率についてご紹介します。
カード元気化の手数料と、そのリスクについてしっかりと理解しておきましょう。

悪徳業者がいるという事実

現金化は悪質業者によって詐欺被害も多く発生しています。
例えば、最近増えてきたamazonギフト券を利用した買取業者に非常に多いトラブルになります。
amazonギフト券買取というのは非常に手軽に換金できるとして人気があるのですが、同じように詐欺に遭うリスクもあります。
業者を選ぶことなく、amazonギフト券買取を利用するとトラブルが発生してしまうこともありますので十分に注意しなければなりません。

例えば、換金率を大幅に下げられてしまうということです。
ホームページなどを見て、換金率92%などと高い換金率が記載されており、ギフト券の買取をしてもらったのに、実際には入金額が2,700円だったということもあります。
利用規約などを確認してみると、高い換金率は複数回利用してからはじめて適用されるということもあります。
それまでは低い換金率での現金化になるということもあります。

じっくり読まなければ見逃してしまうくらいに小さく書かれていることもあります。
商品買取方式の業者を使用する場合にはクチコミ情報を鵜呑みにしてしまうのではなく、規約、取引内容についてをしっかりと確認するというのが重要になります。
少しでも違和感を感じた場合には利用しないようにしてください。

いつまでも入金されないということもあります。
amazonギフト券番号を送っているにもかかわらず、そのまま入金されずに音信不通の状態になるということもあります。
驚くほど大胆な手口ですが、実際に起きているのです。

amazonギフト券での現金化をするのであれば、長い間経営をしている老舗の業者をしっかりと選んでおくようにしてください。

クレジットカードが悪用されることはない?

クレジットカードが悪用されてしまうのではないかと、不安になる人も多いと思います。
キャッシュバック方式という現金化によって換金をしている悪徳業者の場合には、クレジットカードが悪用されてしまう可能性があります。

キャッシュバック方式の現金化においては、本人確認が必要不可欠です。
そのときにクレジットカード情報が必要になりますので、悪質業者を使用してクレジットカードが悪用されることもあるのです。

そのため、次のようなことには注意してください。
セキュリティコードというのは絶対に教えないようにしてください。
業者によっては、クレジットカードの画像を写真で送るようにと要求してくることもあります。

これは、カード名義人が本人なのかどうかを確認するためであって、カードの不正使用を未然に防ぐためには非常に重要です。
ただ、ここで必要なのはクレジットカードの表です。
しかし、教えなくても良い裏面の写真まで送るように支持をしてくるような場合にはその業者は悪徳業者である可能性があります。

カードの裏面には非常に重要なセキュリティーコードが記載されているのです。
これは他人には教えてはならない重要な数字です。
この数字を教えるのは、クレジットカードを業者に使ってくださいと渡しているようなものです。

クレジットカードを不正に利用されてしまうという被害は少なくありません。
ただ、セキュリティコードまでを業者に送っていることが大半です。
どのような理由があっても、送って良いのはクレジットカードの表の画像だけです。

クレジットカードの現金化に限らず、クレジットカードを使用するということは個人情報が流出するリスクがあるということを覚えておいてください。
現金化業者の利用においては面倒な手続きはないのですが、名前、住所など聞かれることもあります。
このような個人情報が悪徳な業者にわたるのは、とても恐ろしいことであるということを認識しておいてください。
実は、個人情報を闇金にすべて渡しているような業者が存在しています。
このようなトラブルに巻き込まれてしまうことがないようにするためにも、個人情報を聞いてくる業者は絶対に避けるべきです。

現金化にデメリットはあるの?

クレジットカード現金化にはデメリットもあります。
クレジットカードの現金化というのは現金がすぐにでも必要となった時にはとても便利なものです。
しかし、詐欺、多額の借金を抱えてしまう結果になることもありますので、そのことを忘れてはなりません。

万が一悪質な業者によって被害に遭ったとしても警察、消費者センターが対応してくれるようなものではありません。
そのため、現金化におけるメリット、そしてデメリットも必ず理解したうえで、カードの利用停止をはじめトラブルに巻き込まれないようにしなければなりません。

現金化をしようと思って、予想外のトラブルに巻き込まれてしまうということが実際にありますので、十分に注意しておくようにしてください。

どうしてもお金がなく、現金が今すぐに必要になる…
そのようなこともあると思います。
そこで、クレジットカードのショッピング枠を使用して現金化をしてみたいと思われる方もいると思います。

クレジットカードの現金化というのは、カードのショッピング枠を現金化することを指します。
その方法というのは法律的には決して違法行為ではありません。

ただ、クレジットカード会社において、換金を目的にして利用をするのは禁止するということが書かれている場合があり、現金化が発覚してしまうと、不利になることもありますので、現金化をする時には注意が必要であることには違いありません。

しかし、カードで買い物をして、その商品が不要になれば、売却して現金を手にするというのは、ごく普通のことです。
そのような自然な流れで現金を手にすることができるのです。

クレジットカードの現金化というのは、意図して商品の購入をしたわけでもなく、気がついた時には結果敵に現金化をしていた、という方はとても多いです。
換金を目的とした利用ということ自体が曖昧な定義であるために、現金化を目的にしているのかどうかはクレジットカード会社の判断次第になります。

カード会社は、購入した商品について詳しく調べるということはありませんが、換金目的で購入される新幹線の回数券のような換金性の高いものの購入は認められていないことが大半です。
また、金券、ブランド品といったものも、目をつけられてしまうことがありますので、注意しなければなりません。

ショッピング枠現金化というのは消費者金融の金融サービスとは異なり、職業、年収といった個人情報を伝える必要はないというのは大きなメリットだといえます。

クレジットカードが借金の増加につながる?

クレジットカード現金化というのは借金を増やすだけでメリットがないという人もいます。
クレジットカードのショッピング枠を現金化するような場合には、お金に困っている状況の方なので、借金を増やす結果になってしまうということももちろんありえることです。

お金に困っている場合、すぐに手にできる現金を手にすることができれば、返済なんてどうでも良いと考えてしまう人も実際にいます。
そのため、カード会社が換金目的の使用に対して目を光らせているというのは現金化をした方が支払いを延滞してしまうことに関係しているのです。

現金化をする場合には月々の支払額をしっかりと確認したうえで返済についても負担がないのかどうかを支払うことができるという確信を得てからクレジットカードの現金化を利用するようにしてください。

クレジットカードの現金化の手続きと注意点

クレジットカードの現金化の申し込み、そしてその注意点についてご紹介します。
近年ではクレジットカード現金化はインターネットでの申込みができる場合が多いです。
ただ、だからこそ手続きの際には確認しておかなければならないこともあります。

取引したいと思っている業者をスマートフォン、パソコンから探して申し込みフォームに必要となる情報を入力していきます。
それから折返しの電話がきてからショッピング枠を使用して商品の購入、それからキャッシュバック、購入した商品の買い取りをするという形で現金が振り込まれることになります。

借り入れとは全く違いますので審査はないのですが、使用するクレジットカードが本人のものなのかどうかを確認するために、身分証明を行う必要があります。

この際には、対面ではないため身分証提示ができないので、写真に撮って証明書を添付して送ることになりますが、ここで必要になるのが運転免許証、パスポート、年金手帳、学生証といったものが身分証明書として認められます。
業者が指定するものを支持に従った写し方で撮影して送りましょう。

写真を送付する時には注意しなければならないことがあります。
個人情報の取扱についてです。
必要書類だからと要求を簡単に受け入れてはいけません。
必要最低限の情報だけを提示するようにしてください。
写メで送る書類というのは本人を確認するうえで必要なものだけです。

得に、クレジットカードは裏表は関係なく写メを送らないようにしてください。
また、身分証明書にマイナンバーが記載されている場合には、隠したり、撮影後に編集をして消すようにしましょう。

また、本籍地のような身分証明として必要のない部分は隠しても全く問題ありません。
現金化の際には、クレジットカードに関する情報はなにも必要ありませんし、このような情報が漏れてしまうとリスクが高いですので、写メを要求された時には取引を中断するようにしてください。

クレジット現金化業者は、優良業者ももちろんたくさんありますが、情報を引き出すだけ引き出して、悪用しようとするような悪徳業者もいます。
そのため、写メで簡単に取引することができる個人情報は特に慎重に扱うようにしなければなりません。