クレジットカード現金化に良いイメージがないのはなぜ?

クレジットカード現金化は良くないイメージを持たれている方も多いです。
現金化が良くないイメージになる理由についてご紹介します。

今も昔もお金が借りられなくて困り果てている人は多いです。
そしてそのような人はとても多くそのような人がクレジットカードの現金化を利用しようと考えているのです。

しかし、クレジットカード現金化は良くないといわれているのが世間的なイメージです。
そこで、まずはクレジットカード現金化というのはどのようなものなのか、ということから考えてみましょう。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を換金します。
とはいっても、そのままではショッピング枠を現金にすることができません。
そこで、まずはクレジットカードで商品を購入します。
そして購入した商品を売却して、売却した分のお金が手に入るのです。

このような流れになります。
つまり、クレジットカードで購入した商品を、購入後に転売するということになります。
このクレジットカード現金化というのは2つの種類があります。

現金化の種類

クレジットカードの現金化にはいくつか種類があります。
まずは商品の転売をする現金化です。

高く売却できる商品を利用者が購入します。
そして、業者に買い取ってもらって現金を手にするということです。
基本的には購入する商品は何でも良いのですが、需要によって売却時に受け取れる値段が変わります。
そのため、高く売れる商品を購入するというのが基本です。

例えば、洗濯機を20万円で購入したら、その洗濯機を現金化業者で18万円前後で買い取ってもらうのです。
そうすることで、ショッピング枠20万円を利用するかわりに18万円の現金を手にすることができるのです。

2万円が減ることになりますが、これが現金化業者に対しての手数料ということになります。

キャッシュバック式の現金化

現金化にはキャッシュバック方式のものもあります。
利用者に希望の金額分の商品を購入してもらいます。
そしてその購入金額の80%前後をキャッシュバックするということです。

このような方法で、クレジットカードを利用して購入した商品を現金化するわけです。
クレジットカードを利用して購入し、それを買取に出すという流れですので、基本的には不用品を売却するのと同じです。

ただ、あまりにも高額な商品をまとめて購入し、一度に現金化すると、クレジットカード会社から目をつけられることもありますので、注意が必要です。

コメント